アイルランドにいる大学生から日本の方々に伝えたいこと。(コロナについて)


この記事は、アイルランドにワーホリに来ている大学生が
コロナに巻き込まれ、職も休業、外出も禁止の中、
日本に滞在の方々に伝えたいことを綴っています。

職場もいつ再開するか目途が立っていない。

お金もいつ尽きるのか。
(自分が稼いだお金で生活すると決めているから)
(そんなの当たり前じゃ)

外出も買い物に行くときと短時間の運動時のみ許可。

また、運動も自宅より2㎞の範囲で。。。

日本の学生・友達もみんな帰ってしまった。



そんな中

僕はこの記事をこんな顔で書いてます。








鼻くそほじるなっ!!
この時期に、外出してる日本の大学生かっ!(おい、おい、アンチ増えるからやめろ!)

でも、もし、今、あなたがコロナの危機に立たされている国に
(日本を除く)

滞在しているのならば

これくらいの心持ち、余裕で良いと思います。



だって、欧州にいると周りの人、町の空気感から

ひしひしと緊急事態であることが伝わってきて

自分が押しつぶされそうになるから。

(おい、こいつ久々に真面目なブログ書いてるんやないの)

そんな、僕は今、こんな顔で記事を書き進めています。







さっきの鼻くそ食っとるやないかい!!

でも、今この記事を見ている

あなたがもし、日本にいるのならば、

もう少し危機感をもって行動した方が良いかな。

(あー生意気な大学生やな。わかっとるわ。)

と、今、思った、特にあなたね。



それは、

自分のためにじゃなくて

自分が大切に思っている人のために。





僕は、日本でもこっちでも肩書はただの大学生です。

(なんの影響力もないんかーい)

でも、1人で海外に来て、働いて

その働いて稼いだお金で生活して、

ようやく

親の偉大さ、大切さ
に気づくことができました。

(本当に凄いのよ。親って)

(親の偉大さを全て理解するにはまだまだ時間がかかるけど。)



その親・家族を危険にさらしてまで

自分がコロナを持っているかもしれない状態で

日本に帰りたいかと言われれば

答えは自分の中でNOでした。

(こんな綺麗ごとをゆったところで、日本に帰国しなかった1つの理由に過ぎないけれども)

よって、僕はアイルランドに残ることにしました。


おそらく、親からしたら

息子が海外に残る選択肢をとることは

凄く心配なことだと思うけれど。



その点、海外の人は

親・家族の大切さを身をもって理解し、大切にしているから

政府に外出禁止と言われる前にも

個人個人で備え、外出する人もまばらになっていました。


それでも

今、現在、多数の感染者・死者が出ています。

それくらい、今回の新型ウィルスは危険性が高いものです。

(医療があまり発達していない現地で、
 もしかかってしまったらどうしようという恐怖。)





だから、日本にいて、いまだに騒いでる方々は


自分の身を守ることは、

自分の大切な人の身を守ること


ということを念頭に置いて

行動して欲しいなと思いました。

これが、まず伝えたいことの1つです。





そして、伝えたいことの2つ目として

こちら、僕が滞在している

アイルランドの政府は

アイルランドの国民、国民ではないにかかわらず

コロナによる、店の休業、一時的な解雇や失業に陥ってしまった人には

週に350€(日本円で約42000円)

つまり、月に1400€(日本円で約168000円)

アイルランド国民でなくても
給付していただけます。



それにくらべて、日本では

お魚券、お肉券なんて噂が

ちらほら聞こえてきました。

このことは、海外に日本人代表として滞在している

日本国民として

すごーーく恥ずかしいです。

ただ、自国ではない国から高額の現金を頂き

遠く離れた日本からはお魚券が聞こえてくる状態。
.
.
.
.
例えば、友達にこう聞かれます。

「日本では、コロナに対してどういう対策をしているの?」

「FIsh ticket , meat ticket を準備しているよ~」

「あら、外に出歩くことを促しているの?」
.
.
.
.
こんな会話をするの

恥ずかしいに決まっとるわ。

(お魚券、お肉券、、、、、おままごとかっ)



実際、このお魚券、お肉券が噂どまりであったとしても

その噂が立つこと自体、恥ずかしいったらありゃしない。



他の国が即刻判断し、対策をとるなか

日本では、「検討」という言葉を多用し

ようやく出てきた対策は
なんで、コロナ収束後の経済対策してるねん。

なんで、感染拡大防止の対策をとらへんねん。





それでも、自分たちが選挙で選んだ総理大臣さん。

その総理大臣さんが指揮した結果が今の状況。

結果、この状況を選んだのは私たち自身です。

だから、政治が悪いとか対策が遅いとか散々、批判しても

結局は、私たちが私たち自身を批判しているだけだと思います。

それなら、少しでもこの危機、国を救うために

今すぐ私たち1人1人ができることをするべきかな。
その上で

自分たちではどうしようもない部分は

自分たちが選んだ総理大臣さんの決断を信じるだけかな。
と思います。

まだまだ、未熟で、ふざけた大学生が偉そうに

言ったところで響くわけはないのですが

1人1人できることを

用がないなら外に出ない!

ことを大切にしてください。



この文章を多くの人々に読んでいただければ幸いです。



あー自分が本田圭佑くらい影響力あればなぁ~


以上、アイルランドにいる

ただの大学生から日本のみなさんに伝えたいことでした。

生意気言ってごめんなさい。

新社会人の皆さま、

おめでとうございます!!!

<おしまい>

もし、良かったら、この記事を広めていただけると幸いです。

(おいおい、有名になろうとすんな、自分)

ブログの書き方がいまだにわからず

拙い文章で本当に申し訳ございません。